沖縄本島の観光スポット

空港がある那覇市内の冬向き観光スポット

沖縄とは夏に沢山の観光客がやってくる一方で冬の需要は減るため、例えば航空券の値段やホテルの宿泊料金が安くなります。そこに目をつけて冬に沖縄へ向かう人も増えていますが、沖縄とは冬場でも楽しめる観光スポットがあるのでご紹介します。例えば、夏場は空港に降り立ってから海のほうに行ってしまう人が多いものの、冬場なら是非モノレールに乗って那覇市街地に行ってみてください。県庁・市役所・県警本部などのそばに広がる那覇国際通り沿いには、冬になると閉まってしまうような店はなく、シーズンを問わずに様々な分野の商店・飲食店が出店していて毎日観光客で賑わっています。真冬だとある程度低くなりますので、居酒屋などで提供されている温かい沖縄料理が美味しく感じられる季節です。

那覇市以外の有名観光スポット

那覇市以外でいうと本島中央部の本部町内にある世界最大級の水族館施設が極めて高い人気を誇ります。こちらの施設は4階建てで各階にて様々な海水魚が飼育されていますが、特に体長9m近いジンベイザメやエイの一種であるナンヨウマンタあたりが人気です。冬場は水温が下がって需要がなくなるためシュノーケリング・ダイビングサービスが休止となりますが、こちらに行けば冬でも水の中で泳ぐ魚たちを間近で見られます。

那覇市の付近で言うと、東側に位置する南城市内の鍾乳洞を中心としたテーマパークが高い注目を集めています。こちらも鍾乳洞内の気温が低下する冬季は閉鎖となるような事はなく通年営業していて人気です。那覇から近いほか、テーマパーク内には沖縄の様々なエッセンスが詰まっているため冬に日帰り弾丸旅行をする際はこちらに行ってみるのはどうでしょうか。