沖縄の郷土料理を堪能

温かい汁物を堪能する

沖縄の郷土料理とは温かい汁物料理も存在しますが、夏場は本州以上に暑いため体温がさらに上がってしまう汁物の人気がありません。一方で冬場は温かいものが美味しく感じられる季節のため、冬に沖縄を訪れる際は是非、汁物を堪能してみてください。そして、沖縄の汁物系郷土料理をいくつか挙げるとすると、まずはテビチから派生したテビチ汁が女性達の間で人気です。このテビチ汁はコラーゲン豊富で美肌効果がある事が人気の秘訣となっていて、美容にいいだけでなく味もかなり高い評価を受けています。また、何か本州ではみかけない変わり種を探しているなら、イカスミ汁あたりがおすすめです。こちらはイカスミという名前から想像がつくように汁は真っ黒でかなり独特な外観です。でも食べてみると美味しくて、便秘改善効果などもあります。

その他の冬向け郷土料理

汁物という半面を持ち併せる沖縄そば・八重山そば・宮古そばといった麺類も冬向けの郷土料理といえます。それぞれ微妙に違いがあるものの豚肉が盛り付けられる点は共通しています。一番変わっているのは宮古そばで、こちらは先に具を器に入れてその上に麺を盛りつけるのが大きな特徴です。つまり、宮古島の食堂などで宮古そばを頼んでテーブルに届けられたとき、調理している人が肉を盛りつけるのを忘れたのではないかと誤解する人がよくいます。続いて、沖縄とはおでんも人気なエリアで那覇市街地などにはたくさんのおでん屋さんがあります。ただ、やはりおでんとは本州の人達の間では冬のイメージがあり、夏場は観光客の間でそんなに人気がありません。冬におでんを食べるのが大好きだという人は沖縄特有の商品も提供する沖縄おでんの店に行ってみるのも良いでしょう。